ソフトバンク光のキャッシュバックを受ける方法と期間

光回線の見直しをする時に、それまで使用していた回線から乗り換える場合は安く済ませたいものです。キャッシュバックキャンペーンのあるソフトバンク光を利用すると、それまで使用していた回線の違約金分に加えて最大24000円のキャッシュバックを受けることができます。

今回は、ソフトバンク光のキャッシュバックを受けるまでの流れと、キャッシュバックを受け取るまでの期間について説明します。

合わせて読む:ソフトバンク光のキャッシュバックに住民票は必要?

ソフトバンク光とは

ソフトバンク光は、携帯電話会社であるソフトバンクが運営するインターネットサービスです。いわゆる「光コラボレーション」と呼ばれる、フレッツ光の回線を使用したインターネットサービスで、フレッツ光と同等の最大通信速度1Gbpsのサービスを受けることができます。

月々の利用料を支払う方法として、クレジットカード決済や銀行振込に加えて、ソフトバンクやワイモバイルの携帯電話料金と合算して支払う方法があります。携帯電話料金との合算支払いには割引サービスなどがつくため、ソフトバンクやワイモバイルの携帯電話を持っている場合はお得に使うことのできるサービスです。

また、ソフトバンク光を利用する場合、プロバイダは自動的にYahoo!BBを選ぶことになるので、契約の際にプロバイダ選びの手間がかからないことも特徴です。

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンとは

自分が使用している回線をソフトバンク光に乗り換える場合、古い回線を解約する必要があります。しかし、大抵のインターネットサービスは、契約の更新月以外で解約する場合、違約金が発生します。また、回線の工事費などの費用がかかるため、乗り換えに際してはかなりの金銭的な負担がかかってしまいます。

このため、ソフトバンク光では、スムーズな乗り換えを行うために「SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」を実施しています。他社インターネットを使用している場合、工事費に対して最大で24000円をキャッシュバックすることに加えて、他社インターネットサービスの解約時に発生した違約金が全額キャッシュバックされます。

そのため、金銭的な負担を軽減した上で回線の乗り換えをスムーズに行うことができます。

キャッシュバックを受けるための条件・制約

ソフトバンク光のキャッシュバックを受けるためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。まず、当然ですがソフトバンク光を契約する以前に他社インターネットサービスを使用していることが大前提です。注意したいのが、他社の光コラボレーションからソフトバンク光に乗り換えるパターンと、フレッツ光からソフトバンク光に転用するパターンです。

この2つについては、回線工事が発生せず、回線の名義が他社からソフトバンクに変わるだけであるため、キャッシュバックを受けることができません。また、違約金のキャッシュバックについては、ソフトバンクが提携するケーブルライン取り扱いCATV事業者のブロードバンド回線から乗り換える場合はキャッシュバックの対象外となります。

ソフトバンク光に乗り換える際には、自分が現在どの会社の回線を使用しているか、光コラボレーションのサービスか否かを確認しましょう。また、24000円のキャッシュバックを受け取ることができるのは、工事費が24000円の場合です。

工事費が9600円であったり、2000円の場合は10000円のキャッシュバックか、10ヶ月間の月額料金を1000円割引するかを選ぶことになります。その他、キャッシュバックの適用条件としては、申込日から3ヶ月以内に契約を成立させること、契約成立から5ヶ月後にソフトバンク光のサービスの契約が続いており、支払い方法を登録していることになります。

支払い方法を登録した上で、5ヶ月間は解約せずに利用を続けるようにしましょう。

キャッシュバックキャンペーンを申し込む流れ

以下では、キャッシュバックキャンペーンを申し込む流れについて説明します。まず、キャッシュバックキャンペーンが行われている期間中にソフトバンク光の利用申込みを行います。この時、それまで使用していたインターネットサービスを解約しましょう。

解約の際の違約金はこのタイミングで支払います。申し込みから1週間後ほどで、郵送で利用開始案内が届きます。接続に必要なIDやパスワード、契約情報などが記載されているので、大事に保管しましょう。また、この時回線工事の日取りも決まるため、立ち会いのためのスケジュールを確保しておきましょう。

回線工事当日、工事担当者が自宅に来て作業を行います。工事の内容について確認した後、ルータを繋げ、接続情報を元にパソコンやルータの設定を行ってインターネットに接続します。これで晴れて、ソフトバンク光の利用開始です。

利用開始案内が届いた月を1ヶ月目として、5ヶ月目の月末までに支払い方法を登録しましょう。クレジットカード、銀行振込、ソフトバンク携帯の利用料金との合算から選ぶことができます。また、同じタイミングで、違約金の請求額の内容がわかる資料(請求書など)を写真に撮って、ソフトバンク光の専用ページからアップロードします。

また、ソフトバンクが指定する専用の用紙に違約金の請求書などのコピーを貼り付けて、郵送する方法もあります。これを5ヶ月目の月末までに行わないと、違約金のキャッシュバックが受けられないため注意しましょう。資料の確認が取れたら、キャッシュバックキャンペーンが成立です。

キャッシュバックの場合は自宅に普通為替証書が届くため、最寄りのゆうちょ銀行窓口で現金に替えましょう。割引を選んだ場合は、利用開始案内が届いてから6ヶ月目以降の利用料金が10ヶ月から24ヶ月の間、1000円割引されます。

キャッシュバックを申し込んでから受け取るまでの期間

キャッシュバックの申込みの流れで説明したうち、支払い方法の登録や違約金の請求書の送付の締切である5ヶ月目の月末は、「特典適用確定日」となります。これは、この日に条件が全て満たされている場合に初めてキャッシュバックなどの特典を受け取ることができるという日です。

条件の中には、ソフトバンク光の継続利用も含まれているため、少なくともキャッシュバックの受け取りには5ヶ月間待つ必要があります。無事に特典適用確定日を迎えてキャッシュバックを受け取れるようになった場合、概ねその翌月の中旬~下旬頃に発送されます。

そのため、キャッシュバックを受け取るまでの期間としては、契約成立から5ヶ月半~6ヶ月ほどの見込みとなります。普通為替証書が届いたら、忘れずに換金するようにしましょう。

キャッシュバックキャンペーンを申し込む時は、適用条件や期間の確認を忘れずに

キャッシュバックを受け取る条件を満たすのが契約成立から5ヶ月後と比較的長期間のため、キャンペーンに申し込んだことを忘れてしまう恐れがあります。そのせいで必要書類の提出や支払い方法の登録を忘れてしまうと、キャンペーンが適用されず結果として損をしてしまいます。

適用条件や期間をしっかりと確認して、回線契約が成立したら必要な作業をすぐに終わらせるようにしましょう。